【転職に最適】求人サイトの中でランスタッドが評判の高い理由とは

  1. ホーム
  2. 転職書類の作成ポイント

転職書類の作成ポイント

履歴書

第一印象が大事

職務経歴書は転職をする人にとって、それまで自分がどんな仕事をしてきて、どんな成果を挙げたのかを会社に伝えるための、非常に重要な書類です。自己PRや実績については、誰もができるだけ多く詰め込みたいと考えていますが、多くの情報を詰め込むことと、それらの情報を相手が読みたいと思うかどうかはまったくの別問題です。企業の採用担当者は、毎日のように職務経歴書に目を通しています。そのため、ただ単語や文章を羅列するのではなく、パッと見たときにどこに何が書かれているのかがすぐにわかるように、明確な言葉で端的な表現になっていることが重要なポイントとなります。職務経歴書は基本的に1〜2枚、長くても3枚に収まるようにまとめます。特に、自己PRについてはどうしても長くなる傾向があるため、どうしても主張したいことを1つか2つに絞ったほうが、より引き締まった自己PRとなります。また、職務経歴書を企業が何のために必要としているのかを理解することも重要です。企業は、採用した人が自分の企業でどのように役立ってくれるのかを判断する手がかりとして職務経歴書を見ています。職務経歴書は転職する人が書くものですが、採用する側の気持ちを考えたとき、自分がしたいことではなく、むしろ自分が入社後にどんな役に立つのかを、できるだけ具体的に書くことが、何よりの自己PRとして生きてきます。もちろん、誤字脱字がないよう、できれば他人に確認してもらい、添削を繰り返す必要があるのは言うまでもありません。